運営のモチベーション

【2011年11月22日】まる高マラソン大会13周年を迎えました

11月22日は、特別な日です。

13年前、小生の分身であるWebサイト「まる高マラソン大会」がインターネット上にデビューした日です。

2010052701

生きている限り続けます。
分身ですから。

【2011年5月5日】3年前のサイト開設10周年イベント撮影ビデオをやっとのこと公開

まる高マラソン大会は、2008年11月に設立10周年を向かえ、つくばマラソン大会で記念イベントを開催しました。

その際、記念の思い出としてホームビデオで撮影をしました。

ところが、無粋なもので編集してホームページに公開しようと思っていましたが、今まで失念しておりました。

そこで、このGWを利用してビデオ編集に勤しみました。

(1)まずは、ビデオテープのデータをPCに取り込むことから着手。

【問題発生】マニュアルとアプリケーションCDが見当たらず、30分かけてやっと発見。

テープは2巻あり、アプリケーションソフト「ImageMixer」でテープのデータを取り込みました。
ここで、各テーマ毎にデータをカッティング。

(2)Adobe Premiere Elementsでビデオ編集

余分なコマを切り落とし、さらに各テーマ毎に再分割。

(3)フリー・ソフト「Free Studio Manager」の「Free Video to Flash Converter」でSWFファイルに変換

(4)lightviewを使ってホームページに組み込み

暖かくも、熱いメッセージ、次の10年の励みになります。

運営していて良かったです。

【2011年3月31日】他サイトをこれでもかと圧倒するほどのコンテンツ

まるごと高木さんち産地直送便」は1997年にオープンいたしました。

この時から、メジャーサイトを狙っていました。

では、メジャーサイトとは何か?

(1)ネット界で周知のサイトであること(あっ、あれね)

(2)そのサイトは、他サイトを圧倒するコンテンツを有すること(追いつけない)

(3)アクセスする度に、新鮮な情報、得をした情報があること

であると考えました。

どうすればよいか、いつも考えています。

その考えたことをWebサイトにインプリメントする瞬間が喜びです。

【2011年3月27日】レスポンスがないのは寂しいです

震災で、お客様との打合せや作業が延期になり、これを幸いにまる高マラソン大会の各コーナーのリニューアルを1週間に渡って行い、逐次リリースしました。

特にデータ構築作業では、マウス・クリックによる長時間単純作業で右腕、右手首に痛みが走ってしまいました。

これは、シップを貼れば治ると思いますが、ただ、悲しいかな今回のリニューアルに関する訪問者から何らコメントがありません。

違和感なく使っていただいているのか、不満なのかわかりません。
一言だけでもあれば、とても励みになるのですが…

我がままなのかなぁ、ボクって。

【2011年1月30日】第59回勝田全国マラソン大会10Kmの部に出走

毎年、この時期は、地元で開催される全国的に有名な市民マラソン大会が開催されます。

小生が運営しているホームページ「まる高マラソン大会」のメンバーが数多く、この大会に参加します。

今年も例年どうり、8時過ぎ頃に、いつもの場所(レンガ色の文化会館を奥に見て、石川グランド左角・水道の前)に、オレンジ色の頑棒とテントをおったてました。

まる高マラソン大会」のメンバーが集まると、いつものように和気藹々、しかも走るモチベーションを高める雰囲気。

走り終えれば、いつものように、居酒屋・勝田駅前つぼ八で反省会&宴会。

全国どこでも、「まる高マラソン大会」のメンバーの誰かが集まるこの体制、13年かけて築きあげた賜物です。

生きている限りホームページ「まる高マラソン大会」の運営を続けますよ。

【2011年1月2日】まる高マラソン大会、新年の作業

まる高マラソン大会のサイト運営の大半はオンライン・プログラムで自動化しています。

ただし毎年、新年を迎えると集計作業用のバッチ・プログラムをマニュアル起動して、以下のような年間ランキングを集計し、一部HTMLファイルに変換して公開しています。

(1)年間王者(キング・オブ・まる高ランナー)
(2)2010年間総合ランキング
(3)2010年間走行距離ランキング
(4)2010年間走行時間ランキング
(5)2010年間走行回数ランキング
(6)2010年間走行速度ランキング
(7)名(迷)言集

20110102

この一年間を振り返って、自身の頑張りと位置づけを把握して次の一年でどれだけ頑張って、どの位置に上げていくか、参加者のランナーに数字で提供するサイト・オーナーからのお年玉です。

Comments are closed.