小話11~20

【小話-11】キング・オブ・ウンチ

山で朝食の準備をしている時、

小笠原先輩『これは、スゴイ。めったに見られないぞ。切れもせず、てっぺんがちゃんとはねている』

まる高『これは、まさしく絵に描いたようなトグロ糞ですね』

小笠原先輩『意識したわけではないが、完璧なトグロ糞がでたな』

まる高は、その後、小笠原先輩の作った料理を見ると必ず、トグロ糞を思い出してしまうのでした。

2010050516

【小話-12】1人足りない

家族で外食を終え車に乗り込んだところ、どうも一人足りないような気がしました。

運転席から後ろを振り返るとやはり4番目がいませんでした。

急いで食堂に戻ると、玄関近くでポカーンと1人小さいのが立っていました。

危うく置き去りにするところでした。

子供が5人もいると、こういうこともたまにあるんです。

2010050517

【小話-13】大鹿君は真のギャンブラー

大鹿君『時計を新調したんだ』

翌日、大鹿君の腕から新品の腕時計が消えていました。

まる高『時計、どうしたんだい?』

大鹿君『家庭教師先の中学生と将棋で賭けをして負けてしまった』

大鹿君は、身をもって世の中の厳しさを教えたそうです。

2010050518

【小話-14】一文字ぬけたら

JUNKOコシノ

2010050519

【小話-15】宮島君の生き方

まる高『何か、いいことないかなぁ~』

宮島君『切り込みを入れたコンニャクを温めるてやるといいですよ。スイカでもなかなか気持ちいいですよ』

まる高『あの~、勘違いしていませんか(^。^;)』

2010050520

【小話-16】威厳のない父親その1

東京タワーにダマシ絵があります。

そこでの話し。

裸の女性の絵が飾ってありました。

長女と次女『お父さん、女性の裸だよ。ほらっ、お父さんの大好きなお尻だよ』

回りには、たくさんの観光客がいました。

ツライ(^_^;)。

2010050521

【小話-17】威厳のない父親その2

デパートに子供を連れて暇つぶしに行きました。

長男『髪が長くて若い女の人、お父さん好きだよね。ねっ』

女店員『何か?』

まる高『あっ、どうも「^^;』

そこを離れてから

まる高『小僧、女の人の前で言うなよ』

2010050522

【小話-18】一番ツラかった日

夏休み、日産栃木工場見学の帰路の観光バスの中で、

バスガイド『ちびっこのみんな、歌のウマイお父ーさんいる?』

長女だけが『ハーイ』

よりによって、どうしてそんなことをするんだよ。お父さんは、ド音痴なんだよ。

やむおえず10数年ぶりに、どうにか『浴衣の君ぃーは、すすきのかんざしぃ……』を歌い終えたが、車内はただひたすら沈黙状態。

ツライ(・_・、)。

201005061

【小話-19】火の用心

風邪をひいて鼻水が止まらず困っていた。

そこで、両方の鼻の穴にティッシュで栓をした。

しばらくテレビを見ていたら、たばこが吸いたくなった。

たばこを口にくわえライターで火を付けたら、なんと鼻に栓していたティッシュに引火してしまった。

201005062

【小話-20】苦しむがイイ

キャンプで酒を飲みながら友人A君と、ささいな事で口論した。

まる高は結構、熱くなりました。

大鹿君は「お先に」と寝袋に入り寝てしまいました。

その時、グッドタイミング。(^v^)ニマ。

大鹿君の寝袋の口に尻をあて、2日間便秘状態の屁をたっぷり、注ぎ込んでやりました。

それから、大鹿君の寝袋の口の綴じ紐をキュッと閉めました。

大鹿君は、たちまち、のたうち始めました。

悲鳴が聞こえました。

「クセーッ、クセーッ、ウエッ」w(゚o゚)w< 201005063

Comments are closed.