コーポレートサイトの制作に特化したCMS「BaserCMS」を無理やりインストール

お客様の見積依頼にあたって、どうしても事前に動作環境を確認したくて、候補のBaserCMSレンタルサーバWADAXにインストールを試みました。

手順は以下の通りです。

ステップ1:インストールを開始します。

ステップ2:環境チェックを行います。

ステップ3:データベースの選択を行います。

ステップ4:管理ユーザーの登録を行います。

ステップ3からステップ4への実行中、

Webブラウザ画面に「CWD /—-/—-/lib/Baser/Plugin/Mail/View/Elements/admin/mail_fields」
というメッセージが出力されたままになりました。

そこで、レンタルサーバのApacheアクセスログを見たところ、

999.99.999.9 – – [02/Jan/2014:14:02:30 +0900] “POST /—–/index.php/installations/step3 HTTP/1.1” 200 80 “/—–/index.php/installations/step3” “Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET4.0C; .NET4.0E)”

から閃いて、Webブラウザ画面から直接

/—–/index.php/installations/step4

を実行したら、どんぴしゃで旨く最後までインストールできました。

何故、NGだったのかは不明です。
なんだろうね。

まっ、この流れを今年の仕事に繋げていければと思いました。

Comments are closed.