旅と旅行

「旅(たび)」と「旅行(りょこう)」、小生は区別しています。
楽しみ方、感じることが異なります。
違いを理解することで、戻らない時間を有効に過ごせます。

小生の思うそれぞれの定義を整理します。

比較項目旅(たび)旅行(りょこう)
英語表記JourneyTravel
日本語別名足袋呂行
定義自分の足(頭も含む)で住まいから離れても、生活の一部として捉える住まいから離れることで、非日常空間に身を置く
事前アクション行き先だけを決めます行き先をとことん調べます
何を重視するのか?人との触れ合い観光地
旅先での意識何が起こるのかは、わかりませんので自然体で受け止めます楽しいこと、思い出に残ることを考えて行動します
帰宅後、思うことまた、同じ所に行きたくなります新たな行き先を考えます
帰宅後、変わったことは?行った前後で、人生観が変わります疲れた~
帰宅後、しばらく経って、どう?出会った人達、風景をいつでも思い出せます行ったかもしれないで終わってしまいます
酒を呑み始めるタイミング今日は、ここで「沈」しようと決めた時クルマを運転しない移動時間、もしくは宿泊先
同行者の人数はなし、自分一人なし、もしくは複数
満足感充足感と物足りなさ感が時として、交差する限られた時間で行動するので、過ごす時間の密度が高く、「あぁ~、楽しかった」と感じる
若い時(10代、20代)旅に出るのが当たり前、帰ってくると充足感でいっぱい物足りなさが多い
今(還暦前)もう一度、味わいたいが、それを受け入れる態勢に自信がない失敗なく楽しめると思う
行ってよかった所北海道全域宮島
上記は何故?脱サラを考え、45歳退職時、垢落しに10日間、毎日出会いと感動の日々を味わい、その後の人生を豊かにできたから結婚30周年、子供達からのプレゼントで女房と久しぶりの二人っきりの旅行。いろいろ話して、その土地での食べ物、風景を共有できたから
他に行ってよかった所・北アルプス
・蓼科
・紀伊半島一帯
・九州全域
・福島県会津塩沢の学生村
・石垣島
・屋久島
・長崎ハウステンボス
・阿蘇
・伊豆大島
・小豆島
・栗駒山腹にあったキャンプ場
・八幡平(秋田側)にあったキャンプ場
・遠野
・京都
・神戸
どのような行為が印象に残っているか?数週間単位で鈍行列車を乗り継いで、無人駅に泊り、旅をしたこと。夕飯はコッフェルで炊いた飯と総菜屋のオカズ、朝食は昨夜炊いたご飯の残りでお茶漬け、昼食はインスタントラーメン。国鉄の駅から観光地までは原則、歩きかヒッチハイク。今は、思い出せません。
辛かったこと高崎駅で、ホモに追いかけられたことほとんどない
普通の人が体験できなかったこと広島・呉で、乞食さんからビールとサキイカをごちそうになった翌日、下痢に襲われたこと家族7人+両親2人を引き連れて、行ったこと。
旅費が半端ない。